スローフォワード【ラグビールール初級編】

スローフォワード(Throw forward)とは、ラグビーにおける最も代表的な反則の一つで「ボールを前に投げること」をいう。
ラグビーには、ボールを前に投げてはならない(パスしてはならない)というルールがあるため、ボールを前方(相手陣地側)に投げてしまうと、「スローフォワード」という反則が取られてしまうのだ。
しかし、スローフォワードは、数ある反則の中でも一番「軽い反則」であるため、反則というより「失敗(ミス)」と言った方が理解しやすい。
このスローフォワードは、ノックオンと同じくらい基本的なルールとされており、ラグビーの二大ルールとも言える。
ちなみに、スローフォワード(Throw forward)という反則名は、「スロー(投げる)」「フォワード(前に)」という意味からきている。

スローフォワードにならないケース

ここでは、スローフォワードにならないケースを説明する。

真横へのパスはスローフォワードにならない

ラグビーは基本的に、後方へパスを繋ぎながら前方に進んでいくというスポーツなのだが、パスは真横でも良いとされており、真横へのパスはスローフォワードにならない。
しかし、パスの方向が少しでも前になってしまうと、スローフォワードを取られてしまう。

出典:https://www.myactivesg.com/

後方に投げたボールが地面にバウンドして前方にいった場合はスローフォワードにならない

後方に投げたボールが地面についた時点で「後ろへのパス」が成立しているため、バウンドによって前方に転がったとしてもそれはスローフォワードにならない。

スローフォワードは相手ボールのスクラムから再開

ボールを前方にパスしてしまって「スローフォワード」を取られた場合、プレーは一度中断され、基本的にパスした選手の地点から相手ボールのスクラムで再開される。

出典:http://www.rugbytoday.com/

スローフォワードした場所がインゴール(トライエリア)の場合は、ゴールラインから5メートル離れた地点でスクラムが再開される。
これは、下図の青色エリア内でしかスクラムが認められていないためだ。

出典:http://docomo-rugby.jp/

また、スローフォワードしたボールがタッチラインの外に出てしまった場合、相手チームは、ボールを前に投げた地点でのスクラムか、タッチラインを割った地点でのラインアウトを選択することが出来る。

故意にスローフォワードした場合はペナルティ

スローフォワードは「反則」というよりも「ミス」という意味合いの方が高いため、故意に(わざと)ボールを前方へ投げるようなことはしないが、万が一「故意のスローフォワード」と判断された場合は、重い反則が取られ、相手チームのペナルティキックで再開される。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。