• HOME
  • 記事
  • コンテンツ
  • オールブラックスが国際試合前に行なう儀式「ハカ」の意味や種類を徹底解説[動画まとめ]

オールブラックスが国際試合前に行なう儀式「ハカ」の意味や種類を徹底解説[動画まとめ]

地球最強のラグビーチーム「オールブラックス」が国際試合前に行なう儀式「ハカ(HAKA)」。
ラグビーを知らない人でも、この「ハカ」は見たことがあるという人も多いのではないだろうか。
ハカは、ニュージーランドのマオリ族が躍る民族舞踊で、オールブラックスが1905年のイギリス遠征で初めて披露して以来、現在でもその伝統が受け継がれている。
ラグビーファンの中では絶大な人気を誇り、生ハカ見たさに海外へ飛び回る人もいるほどだ。
黒衣のジャージを身にまとったニュージーランド代表「オールブラックス」のハカを、まずはご覧いただきたい。

こちらがオールブラックスが国際試合前に行なう儀式「ハカ(HAKA)」である。
マオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らしながら自らの力を誇示し、相手を威嚇するという舞踊なのだが、オールブラックスのハカは相手に対し「対戦してくれてありがとう」という、「敬意」や「感謝の意」も込められている。

ハカ(HAKA)の誕生秘話

出典:https://sportvillage.cambrilspark.com/

このハカだが、1810年に「ンガティトア部族長」の「テ・ラウパラハ」が踊った舞が発祥とされている。
当時、テ・ラウパラハは敵に追われて地下の食料庫に逃げ隠れたのだが、その後目の前に人が現れ死を覚悟。
しかし幸運なことに、そこにいたのはテ・ラウパラハと親しい部族の長であり、救出された喜びと感謝の気持ちを込めて踊ったものがハカ(HAKA)である。
このハカのことを総称して「ウォークライ(War Cry)」とも呼ぶ。

ウォークライ

ウォークライ(War Cry)とは「戦いの叫び」という意味で、オールブラックス(ニュージーランド)の他に、トンガやサモア、フィジー等のオセアニア地域でもこのウォークライが存在し、トンガ代表は「シピタウ」、サモア代表は「シヴァタウ」、フィジー代表は「シビ」がある。
それぞれのウォークライの動画はこちら。

トンガ代表の「シピタウ」
サモア代表の「シヴァタウ」
フィジー代表の「シビ」

ハカ(HAKA)の種類

オールブラックスのウォークライ「ハカ」には2種類ある。
1つ目は冒頭でご覧いただいた一般的なハカ「カ・マテ(Ka mate)」。
1810年に「テ・ラウパラハ」が躍ったのもこのカ・マテである。
2つ目は2005年8月に開催されたトライネイションズの「南アフリカ戦」で突如披露された新しいハカ「カパ・オ・パンゴ(Kapa o Pango)」だ。
このカパ・オ・パンゴは、「黒のチーム」という意味があり、特別にオールブラックスのためだけに作られたハカなのだ。
舞の最後に「首を切るジェスチャー」が含まれていることから一時期は問題視されていたが、オールブラックスから「相手の首を切る挑発的な意味ではなく、自らの首をかけて戦う意気込みを示すもの」との説明があり、現在でも継続して行なわれている。
これら2つの使い分けだが、新しいハカ「カパ・オ・パンゴ」は「ここぞ」という試合で披露されることが多い。
大会の決勝や準決勝、または敗戦したことがある因縁の相手と対戦する際に踊られている。
今度はその「カパ・オ・パンゴ」をご覧いただきたい。

こちらが、2つ目のハカ「カパ・オ・パンゴ」だ。
ファンからの人気が高いのは1つ目の「カ・マテ」だが、「カパ・オ・パンゴ」は絶対に負けられない試合の際に披露されるハカのため、どちらのハカが披露されるかも注目ポイントである。

カ・マテ(Ka mate)の意味

ここでは、カ・マテの意味について述べていく。

Taringa Whakaraong!
(よく聞け!)
Kia rite!Kia rite!
(準備しろ!)
Kia mau hi!
(強く握れ!)
Ringa ringa pakia!
(手を叩け!)
Waewae takahia kia kino nei hoki Kia Kino hei hoki!
(強く足を踏み鳴らせ!)
Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)
Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)
Tenei te tangata puhuruhuru
(見よ、この勇気ある者を)
Nana nei i te tiki mai,
(ここにいる毛深い男が)
Whakawhiti te ra!
(再び太陽を輝かせる!)
A upane! ka upane!
(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
A upane, ka upane
(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)
Whiti te ra!
(太陽の光の中へ!)
Hī!
(昇れ!)

カパ・オ・パンゴの意味

次に「カパ・オ・パンゴ」の意味について述べていく。

Taringa Whakarongo!
(よく聞け!)
Kia Rite! Kia Rite! Kia Mau!Hi!
(準備して並べ!)
Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!
(オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!)
Hi aue ii!
(今だ!)
Ko Aotearoa e ngunguru nei!
(鳴動する我らの国よ!)
Au, au aue ha!
(今こそ、我が奮起する時!)
Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!
(それこそが我らをオールブラックスたらしめる!)
Au, au, aue ha!
(今こそが その時だ!)
I ahaha!
(輝く時だ!)
Ka tu te ihiihi
(我々が支配し)
Ka tu te wanawana
(その優位は偉大なる勝利となり)
Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !
(敬われ高く掲げられる)
Ponga ra!
(シルバーファーン!)
Kapa O Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)
Ponga ra!
(シルバーファーン!)
Kapa o Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)

※シルバーファーンとは、ニュージーランドの国章であり、ニュージーランドを象徴する植物「シダ」のこと。
オールブラックスのロゴとしても利用されている。

出典:https://heritager.com/

伝説となったハカ

1905年に初披露して以来、幾度となく行なわれてきたハカだが、伝説として語り継がれるハカがある。
1つ目は、2011年の「ラグビーワールドカップ」ニュージーランド大会の決勝で行なわれたハカだ。
決勝の相手は「フランス代表」。
フランスにとってはドアウェイ状態なのだが、ハカを受けるフランス代表の行為が話題を呼んだ。
基本的にハカを受ける(見る)チーム側は、肩を組んでじっと待つことが暗黙の了解となっている。
決して義務付けられてはいないのだが、これらを破ったら罰金が科せられる恐れがあるからだ。
しかし、2011年のラグビーワールドカップ決勝戦でオールブラックスのハカが始まったとき、フランス代表が空気を一変させる行動をとった。
その映像がこちら。

ハカで威嚇してくる王者に対し、闘争心むき出しで「ハーフライン」を超えたのだ。
これは神聖なるハカに対して「敬意を欠く」罰金行為。
しかしフランス代表は、罰金を覚悟した上での行動だったという。
この試合は7対8でフランスが敗れてしまったが、今でもラグビーファンの中で語り継がれる名シーンとなっている。

続いては、2003年に開催されたラグビーワールドカップでのハカ。
オールブラックス対トンガ代表の試合で「ウォークライ・バトル」が実施されたのだが、試合前の取り決めでは互いを尊重しオールブラックスのハカが終わってからトンガのシピタウが行なわれる予定だった。
しかし、試合前の異様な盛り上がりとオールブラックスのハカにトンガ代表が興奮を抑えきれず、ハカの途中でシピタウを開始してしまったのだ。
その動画がこちら。

まとめ

いかがだっただろうか。
地球最強のラグビーチーム「オールブラックス」が披露する迫力満点のハカ。
トンガやサモア、フィジーのウォークライも素晴らしいが、オールブラックスのハカはやはり別格だろう。
人生に一度は、生で見て頂きたい。大興奮すること間違いなしだ。
近い将来、日本代表に対して「カパ・オ・パンゴ」が披露されることを願っている―――。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。