流 大(Nagare Yutaka)

流 大(ながれ ゆたか)とは、トップリーグの「サントリーサンゴリアス」に所属するラグビー選手。
ポジションは9番の「スクラムハーフ」。
2015年にサンゴリアスの一員となり、2016年にわずか2年目でチームのキャプテンに抜擢されるほどの逸材。
そして2017年4月に開催された「アジアラグビーチャンピオンシップ2017」の韓国戦で、日本代表の初キャップ(初出場)を得た。
こちらが流大の基本情報である。

本名:流 大(ながれ ゆたか)
生年月日:1992年9月4日
出身地:福岡県久留米市
身長:165㎝
体重:73㎏
出身スクール:りんどうヤングラガーズ
出身中学:牟田山中学校
出身高校:荒尾高校
出身大学:帝京大学(文学部教育学科)
所属チーム:サントリーサンゴリアス
キャリア:日本代表 / サンウルブズ
ポジション:スクラムハーフ

流のラグビー人生は、8歳(小学3年生)から始まった。
親の勧めで地元のラグビースクール(りんどうヤングラガーズ)に入り、ラグビーと出会う。
小学5年生からはサッカーも始めることになり、中学時代はラグビーとサッカーを同時並行していた。
高校はラグビーの名門「東福岡高校」への進学を希望したが、熱心な勧誘により熊本の強豪「荒尾高校」に入学。
高校3年時にはラグビー部の主将として「花園」への出場も果たした。
その後は大学の強豪である「帝京大学」に進学し、1年時からトップチームに参加。
4年時には主将として大学選手権6連覇に導いた。


出典:https://cyclestyle.net/

流大の強み

流の強みは何と言っても「卓越したリーダーシップ」だろう。
上述したように、流は各カテゴリーで「主将」に抜擢されている。
高校でも、大学でも、トップリーグでも主将。
帝京大学では「142人」の部員をまとめて日本一に、
トップリーグでは、日本代表選手を多く抱えるチームをまとめて日本一に輝いた。
そして日本代表やサンウルブズでも「リーダー」として活躍している。
流のリーダーシップの特徴として「誰よりも一番ハードワークをすること」「自分が嫌われ役になってでもチームに必要なことを言うこと」「周りを使うのが上手いこと」が挙げられる。
もちろん、パスやキックのスキル、判断力に優れているのは言うまでもないが、それ以上に「卓越したリーダーシップ」が流の最大の強みだと言える。

流大の弱点

一方、流の弱点だが、強いて挙げるならば「ボール捌きのテンポが単調」といったところだろうか。
専門的な話になるが、流は密集からボールを持ち出す際、独特の「タメ」を作ってからパスをする。
流が所属するサンゴリアスでは、このタメの間にフォワードがフラットな位置に走り込んでパスを受けたり、バックスは深い位置からスピードに乗ってボールをもらうことが出来るので、サンゴリアスの「戦術」に上手くハマっているのだが、これが日本代表やサンウルブズになった場合、所属チームとの戦術とは異なるため、この「タメ」がウィークポイントとなってしまうことがあるのだ。
例えば、日本人で初めて世界最高峰の「スーパーラグビー」に参戦した同ポジションの「田中史朗」であれば、このパスを放るリズムを「3パターン」ほど持っており、相手の攻め方によって使い分けている。
しかし流はほぼ一定のリズムでパスを放るため、相手が強豪であればあるほど徐々にタイミングを読まれ、プレッシャーをかけられてしまうのだ。
もちろん、流ほどの才能があれば、多くの経験を積むことで改善できるだろう。
これからの日本代表を背負うスクラムハーフとして、より高みを目指してほしい。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。