コンバージョン【ラグビー用語初級編】

コンバージョンとは、トライを決めた後のゴールキックのことで、ラグビーの得点方法の一つである。
現代のラグビーでは、トライをすれば「5点」が入り、更にゴールキック(コンバージョン)のチャンスが与えられる。
このコンバージョンキックが入れば「2点」が追加され合計「7点」に、コンバージョンキックを外せばトライだけの得点「5点」が入る仕組みだ。
コンバージョンは、トライが無ければ行なわれないプレーなので、「トライ」と「コンバージョン」は2つで1つと考えてほしい。

コンバージョンの重要性

ラグビーの試合において、このコンバージョンが入るか入らないかは試合を大きく左右する。
同じ4トライでも、ゴールが全て決まった場合と、全て外した場合は下記のように8点も差が開いてしまうのだ。

7点(トライ5点 + コンバージョン2点) × 4 =28点
5点(トライ5点 + コンバージョン0点) × 4 =20点

8点差は、1トライ1ゴール(7点)でも追いつけない点差のため、いかにこの2点を正確に積み重ねるかが勝利への鍵となる。
このゴールキックだが、チームの誰が蹴っても良い。
そのため、各チームは最もゴールキックが上手い選手を「キッカー」としている。
ルール上どのポジションの人が蹴っても良いのだが、基本的に「スタンドオフ(10番)」や「フルバック(15番)」の選手がキックが最も上手いとされているため、キッカーを務めることが多い。

出典:https://allblacksopenforum.wordpress.com/

コンバージョンを蹴る位置

コンバージョンを蹴る位置だが、これは「トライした場所」によって決まる。
ボールをグラウンディングした(地面に付けた)位置から、タッチラインと平行線上であれば、どこから蹴っても良いのだ。
もっと簡単に述べると、フィールド(領域)の端にトライをすればコンバージョンキックは「フィールドの端」から、フィールドの真ん中にトライをすればコンバージョンキックは「フィールドの真ん中」から蹴ることが出来る。

※赤いバツの地点にボールを置いた(トライした)場合、赤色の線上であればどこから蹴っても良い。

もしボールをフィールドの真ん中に置ければ、ゴールポストの真正面からコンバージョンを蹴ることができるため、成功率は格段に上がる。

そのため、どの選手も余裕があるときは出来る限り「中央」にトライを狙いに行くのだ。
ちなみに、このコンバージョンゴールだが、ボールを地面に置いて蹴る「プレースキック」、または地面にワンバウンドさせて蹴る「ドロップキック」どちらを選んでも良い。
ただ、ドロップキックは難易度が高いため、大半の選手は「プレースキック」を選択している。
※7人制ラグビー(セブンズ)の場合は、ドロップキックのみ。

コンバージョンの由来

最後に、この「コンバージョン」の由来であるが、これは「変換」という意味からきている。
下記の記事でも説明した通り、従来はトライが3点、コンバージョンが2点という時代があった。


この時の考え方として、「トライが決まれば3点、その後のコンバージョンが決まればトライの3点は無しにして、より大きな点数(5点)に変換する」という考え方だったのだ。
今では「コンバージョンが決まれば追加で2点」との考えが常識になっているが、昔の考え方で述べると、「コンバージョンが決まればトライの5点は無しにして、7点に変換する」ということになる。
これが「コンバージョン」の由来である。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。