ドロップゴール【ラグビー用語初級編】

ドロップゴールとは、ラグビーにおける得点方法の一つで、インプレー中「ドロップキック」にてゴールを狙うことである。
※ドロップキックとは、ボールを地面にワンバウンドさせてから蹴り上げるキックのこと。

出典:http://en.espn.co.uk/italy/rugby/

このドロップゴールが決まれば、3点が加点される。
そのため、試合終了間際の重要な局面で蹴られることが多い。
例えば、2016年11月のテストマッチ「日本 vs ウェールズ」の試合。
日本代表は、強豪のウェールズ代表相手に、30対30と同等の力を見せつけていた。
しかし試合終了10秒前に、相手の「ドロップゴール」で勝ち越しを許してしまったのだ。
その動画がこちら。

このように、同点の時や、3点差以内の時に「選択肢の一つ」として「ドロップゴール」が出てくる。
しかしこのドロップゴールだが、誰でも蹴られる訳ではない。
ご存知の通り、ラグビーボールは楕円の形をしているため、ワンバウンドさせてから蹴るという行為は非常に難しく、ましてや、芝生の状況によってボールの跳ね方が異なってくるので、トップ選手でも難易度が高いとされているのだ。
2015年のラグビーワールドカップで一躍注目を浴びた「五郎丸歩」でさえも、ラグビー人生の中で一度もドロップゴールを決めたことがないという。

ドロップゴール4点の時代(1905 – 1948)

下記の記事でも取り上げたが、ドロップゴールはその難しさ故に、成功すれば「4点」の時代があった。


しかし、ドロップゴールの蹴り合いが増えてしまったため、1948年に「3点」へと変更。
現在でもその点数は引き継がれている。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。