ペナルティゴール【ラグビー用語初級編】

ペナルティゴールとは、ラグビーにおける得点方法の一つで、成功すれば「3点」が加点されるゴールキックのこと。
下記の記事でも説明した通り、「コンバージョン」はトライ後にしか実施されないゴールキックに対して、「ペナルティゴール」は、相手が重い反則を犯した際に、「ペナルティゴール」を選択することで蹴ることができる。


このペナルティゴールだが、コンバージョン同様、ボールを地面に置いて(固定して)蹴る「プレースキック」か、ボールを地面にワンバウンドさせてから蹴る「ドロップキック」、どちらか好きな方法で蹴ることができる。
ただし、ほぼ全選手が、比較的容易に蹴れる「プレースキック」を選択する。

ゴールエリア

ゴールエリアは下記画像の通り。

ゴールポストの間、かつクロスバーの上(黄色いエリア)の部分に、ボールを蹴り入れることでゴール成功。
例えポールの上を通過したとしても、ゴールポストの間と判断された場合はゴール成功となる。
このエリアにゴールすることが出来るのであれば、自陣から「ペナルティゴール」を狙っても良い。
「トップリーグ」以上のハイレベルな試合では、50mを越えたペナルティゴールを見られたりもする。
また、ペナルティゴールは、権利を得た地点からタッチラインに沿って後ろであれば、どこから蹴っても良い。

仮に、赤いバツの地点でペナルティゴールの権利をもらった場合、赤い線上(バツより後ろ)であればどこから蹴っても良いのだ。
赤いバツの地点から蹴ると、ゴールとの「距離」は短いが「角度」があるため、少し入れづらくなってしまう。
そのため、少しでも角度を和らげるために、距離が伸びても後方へ下がって蹴る選手が多い。

出典:https://www.pinterest.co.uk/

コンバージョンと違う点として、冒頭でお伝えした「得点数」などの他に、「相手選手の並び位置」が違う。
コンバージョンでは、相手チームの選手は、インゴールラインを越えてはならない。
ただし、キッカーがモーション(動作)に入ってからは、プレッシャー(チャージ)をかけに行っても良いとされている。
一方、ペナルティゴールでは、キックの位置から最低「10m」自陣側に下がって、静かにキックを見守らなければならない。
キッカーがモーションに入っても、ペナルティゴールではプレッシャーをかけることは禁止されており、また手なども挙げてはならないのだ。

出典:https://laws.worldrugby.org/



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。