世界で活躍するスクラムハーフの身長を比べてみた

ラグビーは、どんな体型にも見合ったポジションがある。
例え身長が低かったとしても、世界で活躍できるポジションがあるのだ。
その代表的な例として、「スクラムハーフ」が挙げられるだろう。


上記記事でも説明したが、スクラムハーフは小柄な選手の方が適しているポジションだと言える。
もちろん、国によっては大型のスクラムハーフもいるが、例えば世界最高のスクラムハーフと呼ばれるオールブラックスの「アーロン・スミス」は身長171㎝しかない。

出典:https://www.newshub.co.nz/

他の選手と比較したらこんな感じだ。

出典:http://www.zimbio.com/

ちなみに、日本一のスクラムハーフと呼ばれる「田中史朗」の身長は「166㎝」。

出典:https://www.jiji.com/

このように、小さい選手でも活躍できるポジションがあるという点が、ラグビーの魅力の一つである。

世界で活躍するスクラムハーフの身長

ここで、本題の「世界で活躍するスクラムハーフの身長」を選手名と共に紹介する。

ニュージーランド

・アーロン スミス(Aaron Smith)171㎝
・TJ ペレナラ(TJ Perenara)184㎝
・テトイロア タフリオランギ(Te Toiroa Tahuriorangi)174㎝

アイルランド

・コーナー マリー(Conor Murray)188㎝
・キアラン マーミオン(Kieran Marmion)182㎝
・ルーク マグラー(Luke McGrath)175㎝

ウェールズ

・リース ウェブ(Rhys Webb)183㎝
・ロイド ウィリアムズ(Lloyd Williams)183㎝
・ガレス デーヴィス(Gareth Davies)178㎝

イングランド

・ダニー ケア(Danny Care)174㎝
・ベン ヤングス(Ben Youngs)178㎝
・リチャード ウィグルスワース(Richard Wigglesworth)175㎝

南アフリカ

・ファフ デクラーク(Faf de Klerk)172㎝
・ルイ シュラウダー(Louis Schreuder)185㎝
・エンブロス パピエー(Embrose Papier)171㎝

オーストラリア

・ウィル ゲニア(Will Genia)174㎝
・ニック フィップス(Nick Phipps)180㎝
・ジョー パウエル(Joe Powell)177㎝

スコットランド

・グレイグ レイドロー(Greig Laidlaw)176㎝
・サム イダルゴクライン(Sam Hidalgo-Clyne)175㎝
・ヘンリー ピアゴス(Henry Pyrgos)178㎝

フィジー

・ニコラ マタワル(Nikola Matawalu)179㎝
・ネミア・ケンタレ(Nemia Kentale)179㎝
・ヘンリー セニロイ(Henry Seniloy)174㎝

フランス

・モルガン パラ(Morgan Parra)180㎝
・バプティスト セラン(Baptiste Serin)179㎝
・アントワンヌ デュポン(Antoine Dupont)175㎝

アルゼンチン

・マルティン ランダホ(Martin Randaho)174㎝
・トマス クベッリ(Tomás Cubelli)177㎝
・ゴンサロ ベルタノウ(Gonzalo Bertranou)174㎝

日本

・田中 史朗(Tanaka Fumiaki)166㎝
・流 大(Nagare Yutaka)165㎝
・日和佐 篤(Hiwasa Atsushi)166㎝
・茂野 海人(Shigeno Kaito)173㎝
・内田 啓介(Uchida Keisuke)179㎝

これらは、世界ランキングで日本の上位にのぼる国々のデータだ。
160㎝台のスクラムハーフは日本しかいないが、それでも「ラグビー選手」としては小柄な選手がスクラムハーフを務めている。
中には「180㎝」を超える大型スクラムハーフもいるが、小さくても活躍できるのが、この「スクラムハーフ」というポジションである。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。