スクラムハーフ(SH)9番

スクラムハーフとは、背番号「9番」をつけている選手のことを言い、フォワードとバックスを繋ぐ「パスの名手」である。
英語での表記は「SH」。
スクラムを組むのはフォワード(1番~8番)の役目だが、スクラムから出てきたボールをさばくのが、このスクラムハーフ(9番)の役目。
名前の由来は、「スクラムと連携するハーフバックス」ということで「スクラムハーフ」と呼ばれている。
※ハーフバックスとは、9番と10番のことを指し、両選手のことを総じて「ハーフバック団」とも言う。
このポジションは「身体の大きさ」をあまり必要としないポジションであることから、チームの中で最も小柄な選手が務めることが多い。

出典:https://www.skysports.com/

スクラムハーフが何故身長を必要としないのかには、いくつかの理由がある。

1.他のポジションに比べてコンタクト(身体のぶつかり合い)が少ない

まずはじめに、スクラムハーフは他のポジションに比べて「コンタクト(身体のぶつかり合い)が少ない」からだ。
もちろん、場合によっては自らボールを持ちこんだり、自分より一回りも大きい選手にタックルをしたりなど、激しいコンタクトが必要な時も多々あるが、基本的に「パス」を専門とするポジションのため、そこまで身体の大きさは必要とされていない。
むしろ、すぐにボールがある場所へと駆け付けられる「運動量」と「俊敏性」「瞬発力」が重要となってくるため、身軽な方が良いとされているのだ。

2.小さい選手の方が地面までの距離が短くてすむ

次に、スクラムハーフは「小さい選手の方が地面までの距離が短くてすむ」という点が挙げられる。
これは一体どういうことかと言うと、スクラムハーフは基本的に、地面に転がっているボールをそのまま他の選手へパスすることが多い。
そのため、小さい選手の方が地面までの距離(腰を落とす動作)も短くてすみ、下記動画のように瞬時にボールを放ることが出来るのだ。

仮に190㎝の大型選手がスクラムハーフを務めた場合、地面までの距離が長いため、ボールを拾い投げる動作も大きくなってしまい、俊敏性に欠けてしまう。
また、度重なる上下運動により、体力の消耗も激しくなってしまう。
そう言った点から、スクラムハーフは小さい選手に向いたポジションだと昔から言われているのだ。
しかし、現代のラグビーでは、国によってはスクラムハーフの大型化も見受けられる。
日本はまだまだ小さいが、例えばアイルランド代表のスクラムハーフ「コーナー・マリー」は188㎝もあったり、ニュージーランド代表の「TJ・ペレナラ」は184㎝ある。
スクラムハーフが大きいと、「自分で仕掛ける」というオプションが増えるため、ディフェンス側も守りづらくなるのだ。
また、相手スクラムハーフとの体格の差から、フィジカル勝負で攻めることもできる。
以上のことから、スクラムハーフは小柄でも大柄でも、それぞれ違ったメリットとデメリットがあると言える。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。