インターセプト【ラグビー用語初級編】

インターセプトとは、相手が投げたパスを途中(中間)で奪い取ること(パスカットのこと)をいう。
インターセプト(intercept)には日本語で「横取り」という意味があり、ラグビー以外にもサッカーやアメフト、バスケット等で同じ用語が使用されている。

出典:https://www.rugbypass.com/

この「インターセプト」だが、ラグビーでは決まればビッグチャンスになることが多く、トライに繋がるプレーだと言われている。
攻撃側のチームが「攻撃態勢」となっているため、ボールを奪った選手は容易に相手防御の裏へ抜け出すことができ、誰もいない状況で走ることが出来るのだ。
インターセプトが決まってからは「スピード勝負」となるのだが、数メートルのハンデがあり、またスピードにも乗っているため、ボールを奪った選手がフォワードの選手でない限り追いつかれることは少ない。
よくわかる動画があるので、こちらをご覧いただきたい。

上記動画のように、インターセプトは「ロングパス(長いパス)」の時や「フラットパス(平行に近いパス)」の時に起こりやすく、インターセプトを得意とする選手は「パスコース」を読み完全に狙っているのだ。
しかし、インターセプトが失敗したら、逆に「大ピンチ」となる。
インターセプトを狙ってディフェンスラインから飛び出したにも関わらず、そのままパスが繋がってしまうと、ディフェンスが一人少ない状況になってしまうので、相手からすると攻めやすくなってしまう。
そのため、インターセプトは一か八かで行なうプレーではなく、取れると確証がある時や、どうしても流れを変えたい時などに行なうプレーとされているのだ。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。