田中 史朗(Tanaka Fumiaki)

田中 史朗(たなか ふみあき)とは、トップリーグの「パナソニックワイルドナイツ」に所属するラグビー選手。
ポジションは9番の「スクラムハーフ」。
世界最高峰のプロリーグ「スーパーラグビー(野球でいうメジャーリーグ)」に、日本人で初めて挑戦した伝説的プレイヤー。
こちらが、田中史朗の基本情報である。

本名:田中 史朗(たなか ふみあき)
生年月日:1985年1月3日
出身地:京都府
血液型:O型
身長:166㎝
体重:72㎏
出身中学:洛南中学校
出身高校:伏見工業高校
出身大学:京都産業大学
所属チーム:パナソニックワイルドナイツ
キャリア:日本代表 / ハイランダーズ / サンウルブズ
ポジション:スクラムハーフ

田中史朗は、上鳥羽小学校4年生の時にラグビーと出会い、洛南中学校で本格的にラグビーを始めた。
当時のポジションは「スタンドオフ(10番)」だったが、名門である伏見工業高校で「スクラムハーフ(9番)」に転向。
高校1年時には全国高校ラグビー(花園)で優勝を経験し、3年時にも全国ベスト4に。
そして「高校日本代表」にも選出された。
その後、進学した京都産業大学では「U-19日本代表」に2年連続で選ばれ、ニュージーランド留学も経てさらに成長。
大学4年時の「全国大学選手権」ではベスト4入りに貢献する。


出典:http://www.kk-bestsellers.com/

トップリーグには、2007年に「三洋電機ワイルドナイツ(現:パナソニック)」に加入。
1年目にしてレギュラーの座を獲得して、トップリーグの「ベストフィフティーン」と「新人賞」をダブル受賞。
翌年には日本代表にも初選出される。
そして2013年に、ニュージーランドの強豪「ハイランダーズ」に加入し、日本人で初めて「スーパーラグビープレイヤー」となった。
ハイランダーズに加入して3年目の2015年には、ハイランダーズの「スーパーラグビー初優勝」にも大きく貢献。
行く先々で結果を残している、日本ラグビー界のレジェンドである。

田中史朗の強み

田中史朗の強みは、「経験豊富」「判断力」「負けん気」の3つだろう。
上記でもお伝えした通り、田中史朗は国際経験も豊かな大ベテランだ。
そのため、波も小さく、常に安定的なパフォーマンスを発揮する。
また、その経験によって培われた「判断力」は世界でもトップクラス。
パスを放るリズムも常に3パターンほど持っており、状況によって使い分けることが出来るのだ。
田中史朗自身も、「スキルで比較すると若手の方が断然上手い」と言うが、この経験と判断力、そして自分より遥かに大きい巨人相手にも臆さずタックルへいく「負けん気」は、どのスクラムハーフと比較しても負けないだろう。

田中史朗の弱み

一方、田中史朗の弱点を挙げるとすれば、「フィットネス」か。
年齢を重ねると共に、フィットネス(体力)は落ちていくもの。
大ベテランであるが故に、そこが唯一の弱みと言える。
ラグビー日本代表の元HC「エディー・ジョーンズ」もこう語る。

田中は今でも日本で一番のスクラムハーフ。
試合に影響を与えるためには、彼が40分以上プレーしないといけない。
彼のフィットネスをどうにか上げていかなければならない。

フィットネスは、日々のトレーニング次第で上昇させることが出来る。
田中史朗のフィットネスが万全になれば、田中史朗に弱点はない。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。