堀江 翔太(Horie shota)

堀江 翔太(ほりえ しょうた)とは、トップリーグの「パナソニックワイルドナイツ」に所属するラグビー選手。
ポジションは2番の「フッカー」。
世界最高峰のプロリーグ「スーパーラグビー」に、田中史朗に続いて「日本人2人目」として挑戦した伝説的プレイヤーだ。
こちらが、堀江翔太の基本情報である。

本名:堀江 翔太(ほりえ しょうた)
生年月日:1986年1月21日
出身地:大阪府
血液型:A型
身長:180㎝
体重:104㎏
出身スクール:吹田ラグビースクール
出身中学:南千里中学校
出身高校:島本高校
出身大学:帝京大学
所属チーム:パナソニックワイルドナイツ
キャリア:日本代表 / レベルズ / サンウルブズ
ポジション:フッカー

堀江翔太は、小学5年生の頃からラグビーを始めた。
幼稚園から小学4年生まではサッカーに明け暮れていたものの、「周りにカッコつけが多くてノリが合わない」との理由でクラブを辞め、吹田ラグビースクールに加入。
当時、小学6年生にして「身長175㎝、体重77kg」もあったため、「堀江にボールを渡せばトライになる」という無敵状態だった。
その後、入学した「南千里中学校」にはラグビー部がなかったため、バスケットボール部に所属しながら、週1のペースでラグビースクールに通った。
そして、高校からラグビーに専念。
進学した高校は、大阪府立「島本高校」で、高校3年時には「オール大阪(当時、高校日本代表になるよりも難しいと言われていた大阪選抜)」に選出。
周りは、「啓光学園」「大工大高」「東海大仰星」という私学3強のメンバーで埋め尽くされていたが、その中でも圧倒的な存在感を誇り、東海大仰星の選手ですら「あいつヤバイ」というほど突出していた。


出典:https://sportsbull.jp/

帝京大学時代は、4年時に主将に就任し、大学選手権でベスト4に。
そして、2008年に「三洋電機ワイルドナイツ(現:パナソニック)」に加入する。
スーパーラグビーに参戦したのは田中史朗と同じ2013年。
オーストラリアの「レベルズ」でプレーし、日本人フォワードとして初のスーパーラグビープレイヤーとなった。

堀江翔太の強み

堀江翔太の強みは、何と言っても「フィールドプレーの上手さ」がズバ抜けていることだ。
端的に言えば「走って良し、パスして良し、キックして良し」。
堀江が得意とする「背面パス」はバスケットボールで培ったハンドリングスキルが生き、フォワードらしからぬ「キック」はサッカーでの経験が生きている。
また、堀江翔太は「No.8出身のフッカー」のため、他のフッカーに比べても圧倒的に走れるのが強みなのだ。
※フッカー(2番)に転向したのは大学卒業後

堀江翔太の弱み

一方、堀江翔太の弱みだが、正直いうと見つからない。
ただ、強いて挙げるとすれば、ラインアウトのスローインか。
弱点と言うレベルではないが、ラインアウトのスローインに関しては、世界ではもっと上がいる。
しかしそれを除けば、堀江翔太は間違いなく世界でもトップレベルのスキルを持ったフッカーだと言える。
「世界のどのチームに行ってもフッカーのレギュラーを張れる」
それが、堀江翔太という男なのだ。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。