TMO【ラグビー用語初級編】

TMO(ティー・エム・オー)とは、「テレビジョン・マッチ・オフィシャル」の略で、ラグビーにおける「ビデオ判定」のことである。
危険なプレー、またはトライの判定が微妙な時に利用され、より正確で公平な判定をするために導入された制度。
2018年のサッカーワールドカップ(FIFA)で「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」が話題となったが、ラグビーでは既に2003年のラグビーワールドカップから実施されている。
このTMOだが、敵味方が激突しながらインゴールになだれ込む場面でよく用いられる。
まず、主審がトライかどうかを確認し、自分に判断できない場合はアシスタントレフリーに確認。
それでもわからない場合は、ビデオ判定を担当しているレフリーに「TMO」を要求するのだ。
TMOの合図は、両手で大きく四角(モニター)を描くジェスチャー。
その一連の流れがわかる動画があるので、こちらをご覧いただきたい。

これが「TMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)」である。
TMOの判定には、カメラを4台~5台程度使用しており、あらゆる角度から確認することができるのだ。
このTMOの制度によって、今までは曖昧に判断されていたプレーもより厳正化され、また危険なプレーや反則も見逃すことなく、取り締まることが出来るようになった。
また、TMOの映像は、テレビ放送でも試合会場でも同じ映像が流れるため、選手はもとより観客もその判定の納得度を高めることが出来るのだ。
しかし、このTMOにはデメリットもある。

TMO乱用による試合の低速化

TMOは、レフリーにとっても「誤審」を防ぐ非常に便利な制度であるが故に、レフリーがTMOに頼る機会が多くなってしまい、一試合に何度も「TMO」が実施されるようになった。
そのため、本来40分ハーフのラグビーが2時間近くかかる競技に変わり、またTMOの度に試合が中断するため、興ざめしてしまう観客が増えてしまったのだ。

出典:https://www.planetrugby.com/

他にも、せっかく作った良い流れが止まってしまうなど、TMOがチームにとってマイナスになってしまうこともある。
特に、持ち味が「走り勝つチーム」としては、相手に体力を回復させる時間を与えてしまっている訳だから、試合の結果にも影響してしまう可能性があるのだ。
これらの理由により、一部ファンの中では「TMO不要論」が提言され、またワールドラグビー(ラグビー国際統括団体)も、TMOを極力減らすようレフリーに指示している。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。