ノットストレート【ラグビールール中級編】

ノットストレート(not-straight)とは、ラインアウト及びスクラムにおいて、ボールの投げ入れが真っ直ぐに行なわれないことをいう。
基本的に、ラインアウトもスクラムも、公平を期すために両チームの真ん中にボールを投げ入れなければならないのだが、定められた範囲からそれてしまった場合は「ノットストレート」という反則を取られてしまう。
直訳の通り、「まっすぐではない」ということだ。
ラインアウトで「ノットストレート」が生じた場合は、相手ボールのラインアウト、もしくはタッチラインから15m地点での相手ボールスクラムとなり、スクラムで「ノットストレート」が生じた場合は相手側にフリーキックが与えられる。
しかしほとんどの場合、「ノットストレート」という反則はラインアウトで見られることが多い。

出典:https://www.japantimes.co.jp/

ノットストレートだが、厳密に言うと「ど真ん中」でなくても良いとされている。
野球にも「ストライクゾーン」があるように、定められたエリアであれば多少味方よりに投げても良いのだ。
そのエリアとは、両チームの間の1m以内。
ラインアウトが行われる位置から両チームが50cmずつ離れているため、この領域内であればノットストレートは適用されないのだ。
しかし、この1mのエリアからそれてしまった場合は、例え相手側にそれたとしても「ノットストレート」が適用される(敵側が有利な状態であればアドバンテージルールによりプレーは続行)。

この反則は、テレビ中継や客席からでも分かりやすい反則なので、ラインアウトの際はしっかり真っ直ぐ投げ入れられているかどうかに注目してほしい。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。