山田 章仁(Yamada Akihito)

山田 章仁(やまだ あきひと)とは、トップリーグの「パナソニックワイルドナイツ」に所属していたラグビー選手。
ポジションは「ウィング(WTB)」だが、高校時代は「フルバック」と「スタンドオフ」を担当。
また、ラグビーの他に「アメリカンフットボール」の経験もある万能プレイヤー。
日本代表の初キャップを獲得したのは2013年11月のロシア戦で、28歳のとき。
そのため「遅咲きのスター」とも呼ばれている。
山田章仁の基本情報は下記の通り。

本名:山田 章仁(やまだ あきひと)
生年月日:1985年7月26日
出身地:福岡県北九州市
血液型:O型
身長:182㎝
体重:90㎏
出身スクール:YMCAラグビースクール(現・ヤングベアーズ)/ 鞘ヶ谷ラグビースクール
出身高校:小倉高校
出身大学:慶応義塾大学(総合政策学部)
所属チーム:未定
キャリア:日本代表 / フォース / サンウルブズ
ポジション:ウィング

山田章仁のラグビー人生は、5歳の頃から始まった。
北九州市にあるラグビースクール「YMCAラグビースクール(現・ヤングベアーズ)」でラグビーと出会い、「鞘ヶ谷ラグビースクール」「小倉高校ラグビー部」を経て「慶應義塾大学」に進学。
小倉高校では1年時からレギュラーを獲得し、U17日本代表に選出。
慶応義塾大学でも1年時から試合に出場し、U19日本代表に選出された。
大学2年時にはオーストラリアにラグビー留学をし、3年時にU23日本代表に選出。
そのため、今となっては「遅咲きのスター」と言われているも、学生の頃から絵を描いたようなスター選手だった。


出典:https://rugby-monkey.com/

大学卒業後の2008年には、当時「トップウェスト」だった「ホンダヒート」とプロ契約。
そして2010年からトップリーグの強豪「パナソニックワイルドナイツ」に籍を移した。
しかし2018年12月に突如退団を発表し、現在は移籍先未定となっている。

山田章仁の強み

山田章仁の強みは、「トライの嗅覚」がズバ抜けていることだ。
50m走「5秒9」の俊足、タックルを受けても簡単に倒れない強靭な足腰、変幻自在のステップなど、山田章仁にはたくさんの魅力があるが、その中でも「トライを取る嗅覚」が他の選手と比べて別格だ。
「山田がボールを持てば、スタンドが沸く」とも言われており、ラグビー日本代表の元ヘッドコーチ「エディー・ジョーンズ」も、「山田は大舞台に強く、トライも取れる」と評している。
その言葉を証明するかのようなプレー動画があるので観てほしい。
2016年11月に行なわれた、日本代表 vs ウェールズ代表戦。
74,000人の観客が見守る中、山田章仁が魅せた。
動画の49秒目あたりをご覧いただきたい。

一見簡単そうに見えるかもしれないが、一瞬の判断力とトライを取る嗅覚が無ければこのプレーは出来ない。
このように、山田章仁は「トライを取る嗅覚」がズバ抜けていることが大きな強みだと言える。

山田章仁の弱み

一方、山田章仁の弱みだが、強いて挙げるなら「年齢」だろうか。
アスリートの肉体的ピークは28歳程度と言われている中、2019年ラグビーワールドカップ開催時には34歳となる。
ウィングの座を狙う若い選手にとっては、年齢が大きなアドバンテージと言えるだろう。
しかし、この肉体的ピークを補える「経験」と「精神力」が山田章仁にはある。
年齢を感じさせない魅力溢れるプレーで、世界中のラグビーファンを酔わせてほしい―――。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。