ラグビー各国代表の愛称(呼び名)とその由来

ラグビーの各国代表(ナショナルチーム)にはそれぞれ「愛称」が名付けられている。
もっとも有名なものが、「ニュージーランド代表」の「オールブラックス」だろう。
ラグビーを知らない人でも、一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。
国代表チームの愛称の由来は様々だが、胸に輝くエンブレムやジャージの色に由来していることが多い。
今回は、各国代表の愛称(呼び名)とその由来を解説していく。

日本代表「ブレイブ・ブロッサムズ」

まずは我らが日本代表の愛称を紹介する。
ラグビー日本代表の愛称は「ブレイブ・ブロッサムズ」と言い、日本語に訳すと「勇敢なる桜の戦士たち」だ。


出典:https://www.rugby-japan.jp/

元々は「チェリー・ブロッサムズ」と呼ばれていたのだが、弱小国であった日本代表が、巨人揃いの強豪国相手に「勇敢な戦いを見せたこと」がキッカケで、「ブレイブ・ブロッサムズ(勇敢なる桜の戦士たち)」と呼ばれるようになった。

ニュージーランド代表「オールブラックス」

こちらは冒頭でもお伝えしたが、世界最強のチーム「オールブラックス」。
黒衣のジャージを身にまとった「ニュージーランド代表」の愛称だ。


出典:https://fi.wikipedia.org/

由来は諸説あるが、最も長く語り継がれているのは、1905年の英国遠征の際、試合の様子を報道したイギリスの新聞記者が間違えて記載してしまったという説だ。
本来は「オールバックス(All Backs=全員がバックスのよう)」とすべきところを「オールブラックス(All Blacks)」と表現してしまった。
しかしながら、その証拠となるものは残っておらず、また「オールブラックス」という呼び方自体は1893年にも存在していたため、真実は定かではない。
ただ「黒いジャージの色」から愛称が定着したことは確かだ。

オーストラリア代表「ワラビーズ」

オーストラリア代表の愛称は「ワラビーズ」という。


出典:https://prtimes.jp/

ワラビーはオーストラリアを代表する動物の一種で、カンガルー科の小型動物だ。
伝統的にランニングスタイルを得意とするオーストラリア代表のイメージが、とてもすばしっこい「ワラビー」にピッタリだったことから「ワラビーズ」と呼ばれるようになった。
ちなみに、オーストラリアでは15人制ラグビーの他に13人制ラグビー(ラグビーリーグ)」も人気で、このラグビーリーグのオーストラリア代表は「カンガルーズ」と呼ばれている。

南アフリカ代表「スプリングボクス」

南アフリカ代表の愛称は「スプリングボクス」という。


出典:https://en.wikipedia.org/

南アフリカを代表する動物「スプリングボック(鹿のような動物)」が由来となっている。

ウェールズ代表「レッドドラゴンズ」

ウェールズ代表の愛称は「レッドドラゴンズ」という。


出典:https://en.wikipedia.org/

ウェールズの国旗には「赤い竜」が描かれていることから、ジャージの色もウェールズを象徴する「紅色」となり、「レッドドラゴンズ」と呼ばれるようになった。

イングランド代表「レッドローズ」

イングランド代表の愛称に正式なものはないが、一般的には「レッドローズ」と呼ばれている。


出典:https://en.wikipedia.org/

イングランド代表は「白いジャージ」に「赤いバラ」のエンブレムが印象的なことから、レッド(赤い)ローズ(バラ)と呼ばれるようになった。
ちなみに、イングランドのA代表は「サクソンズ」という愛称を持つ。
これは、イングランドという国の基礎を築いたとされる「アングロ・サクソン民族」が由来となっている。

アイルランド代表の愛称はなし

アイルランド代表のエンブレムには「シャムロック(マメ科のクローバー)」がモチーフになっているのだが、一般化された愛称はない。


出典:https://en.wikipedia.org/

スコットランド代表の愛称はなし

スコットランド代表も、アイルランド同様、一般化された愛称はない。


出典:https://en.wikipedia.org/

ちなみにエンブレムは、スコットランドの象徴で国花とされている「アザミ(キク科)」。

フランス代表「レ・ブルー」

フランス代表の愛称は「レ・ブルー」という。


出典:http://rubyworldcup2019.seesaa.net/

当時はジャージの色から愛称が名付けられることも多く、フランス代表のジャージは「青色」だったことから「レ・ブルー」と呼ばれている。
フランス語の「レ」とは、英語でいう「ザ」。
ちなみに、フランスのラグビー代表だけでなく、サッカー代表も「レ・ブルー」という愛称。

イタリア代表「アズーリ」

イタリア代表の愛称は「アズーリ」という。


出典:https://en.wikipedia.org/

イタリアでは、各スポーツの代表ユニフォームが青いことから、代表メンバーのことを「アズーリ(azzurri=イタリア語で”青”の複数系)」と呼んでいる。
そのため、ラグビー代表やサッカー代表など、複数メンバーで構成されるイタリア代表(男子限定)は、すべて「アズーリ」となる。
ちなみに、個人競技でのイタリア代表のことを「アズーロ(azzurro=イタリア語で”青”の単数形)」と呼ぶ。

ジョージア代表「レロス」

ジョージア代表の愛称は「レロス」という。


出典:https://twitter.com/georgianrugby

これは、ジョージアに古くから存在していた、ラグビーによく似た民族スポーツ「レロ」から付けられたものである。
今日のジョージアでは、「レロ」という言葉は「トライ」という意味でも使用されている。

アルゼンチン代表「ロス・プーマス」

アルゼンチン代表の愛称は「ロス・プーマス」という。


出典:http://rubyworldcup2019.seesaa.net/

アルゼンチン代表のエンブレムには、中南米に生息する「ジャガー」をあしらっているが、愛称は「ジャガー」ではなく「プーマ」となっている。
これは、1960年代にアルゼンチン代表が南アフリカ遠征に行った際、地元の記者がジャガーという動物を知らなく、勝手に「プーマ(英語圏ではピューマ)」と誤報してしまい、それがそのまま広がってしまったとされている。

アメリカ代表「イーグルス」

アメリカ代表の愛称は「イーグルス」といい、その名の通り「鷲(ワシ)」のことだ。


出典:https://en.wikipedia.org/

鷲(ワシ)は、アメリカのエンブレムにも使用されており、アメリカを象徴する鳥としても非常に有名であることから、この「イーグルス」が愛称となった。

カナダ代表「メイプル・リーフス」

カナダ代表の愛称は「メイプル・リーフス」という。


出典:http://rubyworldcup2019.seesaa.net/

メイプルとは英語で「カエデ」、リーフは「葉」のことを指す。
カナダの国旗が「カエデの葉」を描いていることから、カナダ代表のことを「メイプル・リーフス」と呼ぶ。

ウルグアイ代表「ロス・テロス」

ウルグアイ代表の愛称は「ロス・テロス」という。


出典:https://www.usarugby.org/

ロス・テロスとは、ウルグアイの国鳥「ナンベイタゲリ(テロ)」からきており、ナンベイタゲリのように警戒心が強く勇敢な攻撃をすることからそう呼ばれている。

フィジー代表「フライング・フィジアンズ」

フィジー代表の愛称は「フライング・フィジアンズ」という。


出典:https://en.wikipedia.org/

フィジーは変幻自在のパスワークとランニングが特徴で、そのプレイスタイルから「空飛ぶフィジー人(フライング・フィジアンズ)」と呼ばれている。

サモア代表「マヌ・サモア」

サモア代表の愛称は「マヌ・サモア」という。


出典:https://en.wikipedia.org/

由来は、サモアの試合前の舞踏「シヴァタウ」の歌詞、マヌ・サモアからきている。
「マヌ」とは「獣」という意味を持ち、直訳すると「サモアの獣たち」ということになる。

トンガ代表「イカレ・タヒ」

トンガ代表の愛称は「イカレ・タヒ」という。


出典:https://en.wikipedia.org/

イカレ・タヒとは「海鷲(ウミワシ)」のことで、トンガのエンブレムにも用いられている。

ロシア代表「ベアーズ」

ロシア代表の愛称は「ベアーズ」という。


出典:https://www.sportsrecruitment.com/

ロシア代表のエンブレムは「熊」がモチーフとなっていることから、ベアーズと呼ばれている。

ナミビア代表「ウェルウィッチアス」

ナミビア代表の愛称は「ウェルウィッチアス」という。


出典:“https://en.wikipedia.org/

ウェルウィッチアスとは、植物の「ウェルウィッチア」からきており、日本名は「キソウテンガイ(奇想天外)」という。



関連記事一覧

  1. Ryu

    サクソンズはイングランド代表ではなく、イングランドA代表の愛称だったと思います。

    • rugpedia

      ご指摘ありがとうございます。
      修正致しました。
      今後とも宜しくお願い致します。